ラッピングカーで車を変えよう

路線バスにラッピングが導入された理由

路線バスにラッピングで様々な企業の広告宣伝が行われている様子は近年非常に見かけるものですが、その理由は意外なところから始まっています。

最も大きな理由はバス会社の経営を改善する方法として効果的な収入源と認められているためです。多くのバス会社は十分な旅客収入が得られずに経営難となっていることが多く、この経営難を改善するために効果的な収入源として路線バスに広告を行おうとしたのが始まりでした。従来から路線バスにおいて広告宣伝を行うことは行われてきましたが、バス本体に看板を取り付けたり、もしくはバス本体を塗装しなければならないなど非常に費用がかかるためその広告宣伝費も膨大なものとなり、これに出資をする企業が少ないのが実態でした。

そのため当初から路線バスに広告宣伝を行い収益の改善を図ることが提案されてきましたが、費用が膨大となるためにこれに賛同する企業が少なかったのが実態です。そのため、1部では行われていたもののその収入はバス外車の経営難を補うものとはならなかったのがこれまでの実態となっていました。

ラッピングはあらかじめ印刷されたシートをボディに貼り付けるため、これまでの看板をバス本体に取り付けたり、バスを塗装するなどの方法に比べて非常に安価に広告を掲示することができるのがメリットとなり、その費用を安くすることができたため、多くの会社で採用され始めました。広告宣伝費が安く、街中を走る路線バスに広告宣伝を行うことができるとしてその宣伝効果と費用との兼ね合いを認める企業が増えたことが、ラッピングが一般的となった理由となっているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *