ラッピングカーで車を変えよう

路線バスをラッピングする

路線バスを宣伝広告に利用するためにラッピングすることがあります。

路線バスは街中を走るうえに通常の車よりも大きいため目立ちます。路線バスラッピングをするのは、費用に対して効果が高いという点もメリットとされています。他の広告媒体と路線バスのラッピングを比べてみると、費用に対して多くの人の目に触れるため効果が高く感じられます。また、路線バスは毎日同じルートを走るため同じ人が何回も目にすることでより印象づけられやすいです。

新聞なども広告費は比較的安く出せたりしますが、紙面の大きさに対して小さかったり1日しか掲載できなかったりします。ラッピングは1日だけということはなく1か月利用してもそこまで高くなかったりします。ただし、ラッピングの施工は広告料と別に必要です。デザイン制作費用やフィルム施工料、フィルム剥離費用もかかります。しかし、他の広告媒体でもデザイン料は必要なので費用対効果の高い広告媒体です。さらに効果を高めるためには制作者の技術にかかってきます。

多くの人の目に触れても最終的に商品の購入などにつながらないと意味がありません。マーケティングの知識がある専門の会社に依頼することも大切です。バスは面積が大きいので広告デザインのアレンジもしやすいです。また、どの路線のバスを選ぶかも重要になってきます。通勤通学で使用する人が多いのか、観光客が多いのかなどバスを利用する人によって広告の効果も変わってくるからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *