ラッピングカーで車を変えよう

広告に使われる路線バスのラッピング

街中には様々なデザインの路線バスが走っていますが、中にはそれが頻繁に変わることがあります。

それにはラッピングという方法が用いられていることが多いです。定期的に街中を走るという特徴を活かして、特定の企業の広告の場として貸し出して、収益につなげるという方法として用いられることがほとんどです。路線バス会社のイメージとしてであれば年単位の長期使用が多くなりますが、広告の場合は契約次第で短期間にもなり得ます。その度に塗装をし直すわけにはいかないので、いつでも簡単にラッピングという方法が強みになるわけです。

また路線バスには専用の枠を用意して、その中にポスターなどの媒体を入れる場合もあります。しかしその枠が無い場合は、新しく取り付けなければなりません。その点でも路線バスのラッピングが持つメリットは大きく、柔軟な素材は滑らかな表面であれば簡単に貼り付けることが可能です。

技術の進歩によってその耐久性も高く、雨や風でも簡単に剥がれてしまう事は少ないです。ただラッピングは路線バス会社が自由気ままに設置してもよいわけではなく、自治体規模のルールに従う必要があります。あくまでも公共交通機関であり、広告の対象や大きさなどは基本的に決まっています。ラッピングデザインには多種多様なものがあり、ポスターサイズの小さなものから車体全面を覆いつくすものまで可能です。映画やドラマとのコラボレーションとして、期間限定でイメージを大きく変える場合も多いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *