ラッピングカーで車を変えよう

路線バスのラッピング広告とは

みなさんは路線バスを利用したことがあるでしょうか。

乗車したことがある人は多いと思いますが、そうでない人でも一度は街中などで見かけたことがあると思います。さて、その路線バスと言えば、車内の吊り革や天井はもちろんのこと、車体にも大きな広告が施されています。側面も後ろも広告版を取り付けられるようにフレームが設置されてます。そのように車体の各部に広告が付けられているのは、それが多くの人の目に入るからなのでしょう。

例えば、停留所で待つ人が見てくれますし、走行中も歩道を歩いている人や周りのドライバーからも見られます。それに路線バスは乗用車よりも車高が高いですし、広告が見やすいのです。そういった路線バスの広告は昔から行われてきましたが、近年は広告フレーム以外の場所にも施されるようにもなりました。それはラッピング広告という手法です。ラッピングとは薄いフィルム状のものに印刷を施し、それを車体などに貼り付けることです。

バス以外にも営業車やトラック、それに電車などでも盛んに行われています。ラッピングのいいところは、扱いやすく凸凹したところでも貼り付けられるところです。ですので、路線バスの側面だけでなく、窓に施されていることもあります。薄いフィルムなので、切り貼りすることも容易なのです。そのフィルムの裏には粘着剤が付いているので貼り付けも簡単ですし、剥がすことも出来ます。ですので、広告掲載期間が終了すればすぐに剥がすことも出来るのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *