ラッピングカーで車を変えよう

路線バスへの広告もラッピングが便利

ラッピングとは車や電車などの車体にフィルムを張り付ける加工の事を言い、塗装に代わる車体彩色の方法です。

ラッピングのよい点は、既に施されている塗装の上から施工できる点と、必要なくなったらいつでも剥がすことが出来るという利便性が挙げられます。塗装の場合ですと、一旦現在の塗装を落とすなどの下処理が必須ですが、ラッピングの場合には、こうした手間がなく車体へのダメージも最小限に抑えられます。これらの点から路線バスへの採用も現在少しずつ増えています。

路線バスでは以前は自社の社名やロゴを入れる程度がせいぜいで、一度塗装すれば最後までそのままで大丈夫というのが一般的でしたが、現在では時期によって車体を塗り変えたり、広告として他社の宣伝を書き込んだ路線バスも多く走るようになっています。考えてみれば路線バスは毎日一定の人の目に触れるわけですから、特定の層や地域を狙った広告媒体としては非常に優れているのです。

ただ頻繁に車体を塗り替えるとなるとその度の車両の痛みも決して無視することは出来ませんし、作業も大変です。ラッピングであればシートを張り替えるだけですから工程も比較的簡単ですし、一点ものになる塗装に比べてシートにプリントするラッピングは仕上がりの同質性も保証されます。多数の車両に同じデザインを施したい路線バスにはうってつけの施工方法といえるでしょう。費用の点でも充分に安価なので、現在では多くのバス会社が導入しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *