ラッピングカーで車を変えよう

路線バスのラッピング広告の宣伝効果は高い

路線バスにラッピングが施されているのは、都会では当たり前の光景です。

これは宣伝広告のために、企業などに対して広告枠を売って、それを購入した者の宣伝を載せるという仕組みになっています。路線バスは同じ路線を繰り返し走りますが、これは宣伝広告に利用するのにはとても効果的です。人は同じものを何回も見ると好意的になるという心理学の効果がありますが、路線バスは同じ場所を走っているため、同じ人が何回も目にしやすくなり、その効果を期待することができます。

また、街中を走っていればそれまで知らなかった人に対してもアピールすることができますし、テレビのように自分から電源を付けなければならないものと違い、半ば強制的に人に見てもらうことが可能です。そのため、ラッピングした路線バスの宣伝効果はとても高くなっています。ラッピングはシートを車体に貼り付ける仕組みになっているため、塗装とは違って簡単にはがすことができます。

そのため、バス会社の方も広告枠として利用しやすくなっているのが特徴です。ラッピングはこうしたデザイン上の変更に用いることが多いですが、付随的な効果としてボディの保護にもつながります。これは、上から車体を覆う形になるため、跳ねた石などによる傷を防ぐことができ、車体の価値の減少を防ぐことにもつながります。路線バス以外にも例えば電車などでも同様にラッピングが用いられていますが、多くの人に見てもらいやすくなる点については共通です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *