ラッピングカーで車を変えよう

ボートラッピングが良いです

広くどこまでも見渡せる海には、そこに漂う白い船やボートというものが、海の色になじんでとても映えるものです。

船やボートなどが、所定の場所に定着しているところというのは同じ白という色に同調していて、一瞬見ても判別さえできにくいものです。現代では、道路で実際に動いている車やあるいは多くの人たちを乗せている電車、また空を飛んでいる飛行機など、そんなものに宣伝用のラッピングを施しているものを目にすることが珍しくはないのです。このようにラッピングされたものには、それ以外にもボートである場合があります。

ボートに施されたラッピングというものは、海の上を走る乗り物として、非常に良い宣伝効果を生み出しているのです。同じところに定着している看板と違って、実際に動いているものにラッピングされているということは、それだけ人目を引きつけるという効果が期待されるのです。人が物に対して持っている認識というものは、その物に対しての色というものが案外定着していることが多く、たとえばそれがボートであれば白だと想像してしまいます。

しかし何かしらの宣伝であろうが、また個人的に個性的なものを主張しているものであろうが、実物にラッピングをすることで人をあっと驚かすという最大の効果があるのです。その意外なものを見たという驚きには、目が釘付けになり色合いや構図、あるいは美しさなどしばらく見とれてしまうのです。多くの白い船のなかには一層映えて、人目を楽しませてくれることが想像されます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *