ラッピングカーで車を変えよう

貸切バスもラッピングカーの時代です

ラッピングカーとは何かご存知の人は多いかと思われますが、従来はマーキングカーや車両マーキングと呼ばれていた時代もありました。

愛車のボディーカラーを少しの間だけ変えたい、ステッカーのようなシールを車体に貼り付けて飾りたい時に利用するのがマーキングカーです。主に、自己所有の車両への施工が一般的ではありましたが、簡易性や低コストでの施工が可能になることからも営業車や配送車、路線バスや電車など幅広い分野でラッピングカーは活用が行われています。貸切バスの場合は、様々な用途で活用が行われる車両です。どこまで行くのかは貸切バスを使う人に応じて異なります。中にはイベント会場と最寄り駅の区間の送迎用として利用するケース、社員旅行などで利用するケースなど様々です。

様々な用途で活用が行われる貸切バスですから、車両にロゴマークなどを記しておくことは企業名の認知度アップに繋がります。貸切バスは数台程度の保有の場合もあれば、大きな会社ともなると数十台以上もの数になります。すべての車両に広告などを掲載するとなるとコストも割高になりがちです。ラッピングカーは社名やロゴマーク、製品名などのデザインを作り、それをボディーに貼り付けるフィルムに印刷する手法です。印刷物は一度に大量生産ができるので、施工におけるコストも塗装に比べれば安くなります。

さらに、塗装の場合は同じデザインを作ると言っても多少の誤差が生じることもあります。営業車を並べて止めている時など、色合いが異なっている、文字が若干違うなどもないとは言い切れません。その点、ラッピングカーは印刷したものを利用するわけですから、貼る位置だけ注意をすれば後は同じものを数台作ることができるメリットもあります。ラッピングカーとは何かご存知の人は多いかと思われますが、従来はマーキングカーや車両マーキングと呼ばれていた時代もありました。

愛車のボディーカラーを少しの間だけ変えたい、ステッカーのようなシールを車体に貼り付けて飾りたい時に利用するのがマーキングカーです。主に、自己所有の車両への施工が一般的ではありましたが、簡易性や低コストでの施工が可能になることからも営業車や配送車、路線バスや電車など幅広い分野でラッピングカーは活用が行われています。貸切バスの場合は、様々な用途で活用が行われる車両です。どこまで行くのかは貸切バスを使う人に応じて異なります。

中にはイベント会場と最寄り駅の区間の送迎用として利用するケース、社員旅行などで利用するケースなど様々です。様々な用途で活用が行われる貸切バスですから、車両にロゴマークなどを記しておくことは企業名の認知度アップに繋がります。貸切バスは数台程度の保有の場合もあれば、大きな会社ともなると数十台以上もの数になります。すべての車両に広告などを掲載するとなるとコストも割高になりがちです。

ラッピングカーは社名やロゴマーク、製品名などのデザインを作り、それをボディーに貼り付けるフィルムに印刷する手法です。印刷物は一度に大量生産ができるので、施工におけるコストも塗装に比べれば安くなります。さらに、塗装の場合は同じデザインを作ると言っても多少の誤差が生じることもあります。営業車を並べて止めている時など、色合いが異なっている、文字が若干違うなどもないとは言い切れません。その点、ラッピングカーは印刷したものを利用するわけですから、貼る位置だけ注意をすれば後は同じものを数台作ることができるメリットもあります。
貸切バスのラッピングのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *