ラッピングカーで車を変えよう

貸切バスは制限を受けずにラッピング可能です

貸切バスを運営している会社の場合、同業他社と差別化をしようと考えるものです。

宣伝をしたり、メディアを使ってアピールすることも普通に行われていて、旅行会社との連携や営業力も重要ですが、今では他の手段で差別化をしている会社も実在しています。効果的な差別化の方法では貸切バスをフルラッピングすることが注目されるようになりました。路線バスのようにワンポイントではなく、車体の全てにラッピングを施す方法が該当しています。デザインは自由自在に決めることができ、自社にてグラフィックソフトでデザインすることも可能ですが、専門会社に依頼をするとデザイン料は掛かりますが魅力的なデザインに仕上げられます。

実際の効果については、貸切バスの用途にあります。路線バスの場合はスポンサーによるラッピングが多い傾向にあり、走行させる区間に決まりごとがあります。貸切バスの用途は主に旅行や観光、会社単位でのイベント用に使われることになり、走行させる区域は完全に自由な部分が大きな違いです。

そのため、1度の施工により、長い期間にわたってそのまま使い続けることができ、普通に走行をしているバスと比較しても、塗装では再現できないビジュアルを保つことができるので、かなりの優位性を感じることや、視認性に優れていること、利用者側にしても旅行の気分を盛り上げることにも役立ちます。この結果としてリピーターが増えるという可能性も出てくるので、初期投資にお金は掛かってしまいますが、会社にとってそれ以上のメリットを感じることができるのではないでしょうか。現在ではプリントする設備と用いるシートが高品質化していることも魅力的です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *