ラッピングカーで車を変えよう

貸切バスをラッピングするメリット

貸切バスに限らずバスをラッピングすることは、広く行われるようになっています。

ラッピングは特殊なフィルムを車体全体に貼り付けることで、これによってラインを引いたり、図柄や文字を車体に表現することが可能です。ラッピングする理由としては2種類あり、ひとつは車体に貼る広告の意味でメリットとして車体全体が広告となることができます。一方でもうひとつが塗装をするよりも費用や時間が掛からないため車体をデザインするために使われます。

耐久性で言えば塗装の方が良いのですが、施工にかかる時間からフィルムを使った方が良い場合もあり、特に短期間だけ使用する場合などが該当します。貸切バスの場合にもラッピングで他社と異なるデザインとする傾向にあります。貸切バスでも長期間の使用を前提としていれば塗装の方がメリットがありますが、リースやレンタルで借りているものでは、原状回復して返却しなければなりませんから塗装は効率的ではありません。

しかし原色のままでは他の貸切バスより劣りますし、魅力に欠けます。この点で、ラッピングであればラインを作るといったことだけでなく図柄や文字を車体全体で表現することができますから他と差別化することが可能です。またフィルムは剥がすことができますから、返却時には塗装したものよりも綺麗な状態で返却することができるのも大きな魅力で、特にフィルムの寿命とリースやレンタルの期間に合わせること、スムーズに返却することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *