ラッピングカーで車を変えよう

貸切バスにもラッピングできれいに飾れる

トラックとトレーラーの違いはどこにあるのかご存知ですか。

トラックは貨物自動車と呼ばれる車両で、トレーラーはけん引されるための車両などの違いがあります。簡単に言えば、トレーラーは引っ張られる貨物車であり、これにはエンジンなどの機動力を持つ装置がないので、自ら動かすことはできません。トラックの場合、トレーラーほど積載量は多くはないものの、エンジンを搭載しているので自走させることができる、車体にラッピングを使って飾れば、人目に付きやすくなり色々なアピールができるメリットを持つ貨物自動車と言えましょう。

トラックやトレーラーなどの車両は物資を輸送するための車で、貸切バスは人を乗せる目的などの違いがあります。トラックなどにラッピングを施工しているケースがありますが、貸切バスでも同じように飾ることができる魅力を持ちます。ラッピングは貼り付けて施工ができるフィルムの総称です。貼り付けてあるので剥がれやすいなどのイメージを持つ人も多いかと思われますが、一度貼り付けるとしっかりと定着するので簡単には剥がれません。

特殊な溶剤を使って剥がすことができるので、定期的に広告を変えたい時にも便利ですし、雨が降っても耐候性が高い素材などからもきれいな状態を維持できるメリットも持ちます。ラッピングのメリットは、施工に掛かる費用を抑えることができることです。ペイントなどの場合は1台ずつ同じようなデザインで施工をすることになるため、費用も多く掛かりますが、フィルムへの印刷ができるラッピングは印刷数に応じて施工するだけで済みますので全体的なコストを抑える効果もあるわけです。貸切バスの所有台数が多い会社でも、こうした方法で飾れば会社のイメージアップに繋がります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *