ラッピングカーで車を変えよう

利用者の満足度を高めるための貸切バスのラッピング

貸切バスを運行しているバス会社にとっては、長期契約のユーザーを確保することが大きな課題です。

そのためには割安な料金でサービスを提供することも重要ですが、ユーザーが喜んでくれるような利用プランを提案することも大切です。車体にユーザーとなる学校やホテルなどのロゴをラッピングすると、宣伝効果も高まるために長期契約にもつながります。バス会社が貸切バス用のラッピングを依頼する場合には、大型車両向けの施工実績の多さにこだわるのが理想的です。

技術に優れている専属のスタッフがラッピングをしてくれる会社であれば、貸切バスの車体に丁寧にフィルムを貼り付けてくれるので安心です。ユーザーの企業名の入ったフィルムを貼り付けるのがラッピングの基本ですが、デザインにもこだわると更にPRの効果が高まります。運行するエリアの諸条件に合わせて最適なデザインを提案してもらうのが、バスの車体のラッピングの効果を最大限に高めるコツです。

大型車両のボディ全体にフィルムを貼り付けるときの費用は100万円を超えるために、コストが割高だと考えるユーザーがいるのも事実です。けれども部分的にフィルムを貼るマーキングの施工プランであれば、費用を大幅に抑えることが可能です。マーキングであっても大きなロゴを貼り付けられるので、運行頻度が高い場合には大きな宣伝効果が期待できます。その場合には視認性を重視して、一つ一つの文字を大きくするのが賢い方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *