ラッピングカーで車を変えよう

ラッピングでイベント車両の集客アップ

地域のお祭りや野外コンサート、見本市といった各種イベントの会場でしばしば姿を見かけるのが、イベント車両と呼ばれる車です。

屋外だけでなく、大型コンベンションホールなどの屋内に設置されていることもあります。イベント車両とは、トラックの荷台やワゴン車の後部、バスの車体の一部などを改造して、そこで何らかの活動ができるように作られた車両です。よく知られているのは簡単な調理設備やカウンターなどを設置して飲み物や食べ物を提供できるキッチンカーですが、他にもトラックのコンテナがそのまま舞台に早変わりするものや、商品などの展示スペースになっているものなどもあります。

こうした車両をイベントに使用する際によく使われるのが、ラッピングという技術です。これは、コンテナの表面や車体などに文字や絵がプリントされたフィルムを貼り、車両の全部または一部を装飾するというものです。つまりイベント車両を1軒のお店と見なせば、そのインテリア及びエクステリアの役目を果たすものになります。舞台と見なせば、舞台美術の一部をなすものと言うことができます。

キッチンカーにホットドッグやハンバーガーなどのイラストをラッピングで掲示すれば、遠くから見てもどんな料理を提供しているのかが分かりやすくなるため、集客力が高まります。料金表をそのまま表示することも可能です。また、ステージカーでは演目に合わせた背景画をラッピングすることで、演出上の効果をあげることができます。
イベント車両のラッピングのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *