ラッピングカーで車を変えよう

イベント車両へのラッピングが選ばれる理由

イベント車両のデザインには主に、ラッピングが使用されています。

ラッピングは文字通りシートを覆う施工で、シートにはデザインを印刷してそれを貼り付けて作ります。特殊な糊が使われているため、剥がした時にも糊が残ることがほとんどなく、きれいに戻すことが可能です。イベント車両として使い終わった後も、剥がせば元通りになって別のイベントに活用できるといったことが一番の利点でしょう。

塗装なら簡単な塗り替えはできませんし、車両価値を下げてしまうことにもつながりますが、ラッピングなら維持をすることが可能となるわけです。そのため、イベント車両のデザインをする際に活用されています。シートを貼っているだけなのであまり長持ちしないと思われるかもしれませんが、実は意外と長持ちします。3年から5年程度は持つと言われていて、洗車をしても良いですし、雨や日光にさらされても簡単に剥がれることはありません。

その割に簡単にはがせるので、良いところを併せ持っています。イベント車両のラッピング施工は、専門業者が請け負っています。デザインを持ち込めばそれを印刷して貼り付けてくれますし、相談してデザインを考えてくれるところもあるので、希望に合わせて選択するのがコツです。全体にラッピングをする場合は費用がかかりますが、例えば部分的な物にするなどすれば、コストを抑えることができます。これらの事情は、予算とデザインについて相談して考えましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *