ラッピングカーで車を変えよう

ラッピングならイベント車両をすぐに使える

最近、カーラッピングの分野が発達してきています。

まるで塗装をしたかのように、車の見た目を変えることができるので広告宣伝等に用いられることもありますし、趣味でカスタムすることにも用いられています。カーラッピングの良さは、いつでもデザインを変えられるところです。塗装は綺麗に塗るのが大変ですし、元に戻すこともできなくなります。

その点、カーラッピングは特殊なフィルムをボディーに貼っているだけなので、目的を果たせば剥がして元通りにできます。こうしたメリットから、イベント車両にも活用されています。イベント車両はイベントのために用意する車両ですが、イベントが短期間しか行われない場合もあるでしょう。その短期間のイベントのためだけにボディペイントをするのは無駄があります。

すぐに変えられるなら、別のイベントの時にはそれに合わせたイベント車両に仕上げることもできるため、無駄がありません。施工に時間がかからないのも良い点です。塗装をする場合は、ボディーを磨いたり下地処理をしてから塗る必要がありますし、乾かす時間が必要です。ラッピングは貼り付けたらすぐに利用開始することができます。

そのため、例えばイベント車両を急遽用意しなければならないといった場合にも対応可能です。副次的な効果として、ボディを保護する効果があります。表面をシートで覆っているため、石の飛び跳ねによる小傷や、雨風によるコーティングの劣化などを防ぐことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *