ラッピングカーで車を変えよう

イベント車両に使われるラッピングの良いところは?

イベントに用いる車両に、イベントのロゴなどが描かれているイベント車両を見たことがある人もいるでしょう。

これにはラッピングが用いられており、イベントが終われば元に戻すことができます。イベント車両といっても、ベースにしているのは普通の車で、塗装をしてしまうと別のことに使えなくなってしまいます。しかし、ラッピングは簡単にはがせるようになっているため、元の価値を下げることなくイベント車両に仕上げられるのがメリットです。ラッピングをしてくれる業者は専門にあります。

現在では、バスや電車などに対するラッピングの施工ノウハウを持っている経験豊富な業者も増えているため、そうしたところに任せればきっちりと仕上げてくれるでしょう。かかるコストは、どのくらいのラッピングをするのかによって変わります。大型車種で全体に施工する場合は60万円から80万円程はかかってしまうでしょう。ワンポイントや部分的な物であれば、10万円程でもやってもらえるはずですし、小型車なら全体をやっても30万円くらいでやってくれる業者もあります。

実際にどのくらいの料金設定にしているかは業者によりまちまちです。したがって、まずは問い合わせをして確認してみてください。そうすれば具体的な料金がわかります。見積もりを出してもらうのは無料ですし、わからないことを質問すればその答えによって任せるべき業者なのか判断できるはずです。業者選びに迷ったら参考にしてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *