ラッピングカーで車を変えよう

イベント車両にラッピングが使われる理由は?

イベント車両とは、イベントの時に宣伝カーとして利用したり、移動販売車として活用したりする車両です。

別にイベント車両というネーミングだからと言って特定の車種やタイプを表すわけではないため、車種は様々ですし、何に使うのかもそれぞれ違います。ただし、イベント車両は一般的にラッピングが施されており、それが特徴の一つです。ラッピングは新しいカスタムの一つで、フィルムをボディーに貼ってカスタムします。

印刷してデザインを作るので自由度が高く、貼ることのできる場所も多いので、まさにイベント車両を作るのに適しているのでよく使われます。似た方法には塗装をしてしまう方法がありますが、塗装は一度してしまうと変更するのが面倒になってしまうのがネックです。ラッピングの場合はフィルムを貼っているので、それをはがせば元に戻ります。古い車なら塗装が剥がれてしまう可能性もあるので注意が必要ですが、普通の車なら剥がしてもそうなることはなく、糊も残りにくいのでボディーを汚してしまうことがありません。

自由度の高さと元に戻しやすいことなどが、イベント車両にラッピングが用いられるようになった大きな理由でしょう。費用は施工する広さによって変わります。大型車両にフルラッピングする場合は、60万円から80万円かかるそうです。全体ではなく部分的なものにするならそれ以下になりますし、小型車なら全体に施工する場合でも半分以下の費用にはなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *