ラッピングカーで車を変えよう

車両のラッピングについて

昔は車を飾りつけようと思うと塗装することになりましたが、今はもっと気軽にラッピングで車の見た目を変えることができます。

ラッピングというのはかんたんに言えば色付きのフィルムを車両に貼り付ける手法であり、従来の塗装と比べて手間が格段に少なく安価に車両の飾り付けができるということ、また手間が少ないので業者にとっても比較的かんたんに行うことができるというメリットがあります。見た目は塗装と大差はなく車の知識がない人であれば見分けることができないくらいの品質となっています。

また水洗いなどにも対応しているので、車両の清掃も普通の塗装と同じ感覚で行うことができると「塗装と変わりない品質で安く作ることができる」というのが車両のラッピングのメリットとなっています。一方でラッピングは表面にフィルムを貼るだけなので塗装と比べると劣化するスピードが早いです。

保管場所にもよりますが3年程度でだめになると言われているので定期的なメンテナンスが必要になる、一般的に車一台分をまとめてフィルムでラッピングするので車庫入れの際にちょっと傷をつけてしまったという程度でも全面の張替えになる可能性がありますし、一般的な塗装よりも安いとはいえ車の形や手法によっては塗装よりも高くなってしまうことがあります。メリットとデメリット両方あり塗装と比べていいと言い切れるものではありませんが、安価にできるというのは最大の利点なので興味があれば試してみてもいいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *