ラッピングカーで車を変えよう

車両ラッピングのメリットと注意点

ビジネスにとって知名度向上は成長の原動力です。

そのために広告宣伝やサンプル配布による販売促進などの費用を使っても、それに見合った効果が得られれば十分にペイしますが、車両ラッピングは初期投資だけでランニングコストなしに広告効果が得られます。特にネット事業以外の、実際に商品を販売したりサービスエリアが決まっている事業の場合は、車両の移動ルート=サービスの提供可能地域であり、潜在需要が見込めるエリアなので無駄うちのないピンポイントな広告効果が見込めます。

一方で、ラッピング車両は自社の看板を背負っているので、常に人の注目を集めていることを忘れてはいけません。短時間の違法駐車や無理な追い越し・スピード違反など、たとえ取り締まりには遇わなくても見ている人からはマナーが悪い会社と思われてしまいます。反対に、譲り合いなどのグッドマナーもラッピング車両で行えば好感度アップに貢献します。

黄色信号できちんと停車したり、横断歩道で歩行者の横断を待って挙げるなど、マナーの良い運転で信号一つ遅れると、気づいてくれる人がいないままで破損した気分になりますが、衆人環視の中でイメージアップにつながるラッピング車なら広告効果が期待できます。人知れず行う善行も尊いものですが、せっかく善行を行うなら人の目にもよく映ることができれば、気分が良いだけでなく経済効果も見込めて一石二鳥です。運転するスタッフにもグッドマナーを心がけるよう教育することが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *