ラッピングカーで車を変えよう

車両のラッピングの品質について

近年ユーザーが増えてきたカーラッピングは塗装より安価に飾り付けることができますが、塗装とは違う注意点があります。

まずラッピングは塗装よりも耐久性が低いです。具体的には、日本国内の屋外で保管している場合約三年程度の寿命と言われています、車庫などの室内であればもっと寿命が長いですが、それでも塗装よりは寿命が短いことは事前に知っておく必要があります。また車両へのラッピングが、完全に接着が終わるまで施工後約48時間程度が必要になります。普通の運転であれば問題ありませんが、車両の洗車は控えましょう。

48時間後以降に洗車する際には固形ワックスやコンパウンドの利用は控えるようにしましょう。次に高温になる部分の問題があります。車両でも高温になりやすい、マフラー周りやボンネットなど、高温になる部分は変質する可能性があるので注意しましょう。またフィルムでの加工によりヘコミや傷が目立つ可能性があるので、事前に修理することをおすすめします。最後にカーボン柄のカーラッピングは、製品の性質上不規則な歪みがあることを事前に知っておく必要があります。

またその表面にはデコボコがあるので、そこに汚れが入るとかんたんには取り除けなくなります。このように塗装とは違う注意点があるカーラッピングですが、塗装より安価に利用できるほか塗装では難しい複雑ながらやカーボン柄の塗装も可能になるのでうまく使い分けて車両の飾り付けを行っていきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *