ラッピングカーで車を変えよう

営業車をラッピングする時は少ない情報量がいい

ラッピング車両というものを一度は見かけたことがあるでしょう。

観光地だとバスや鉄道の車体にキャラクターや観光名所のイラストが描かれて地域PRを担っています。都心部では路線バスに企業の広告をラッピングして、広告収入を得る事も可能です。大勢に目に触れるので、その効果は絶大であるといえます。このラッピング車両というのは、アメリカやイギリスでは1980年代から盛んにおこなわれてきました。

主に宅配業や清掃業といったサービス分野の車両に、企業マスコットを描いて何の会社なのかということを道行く人にアピールしていたのです。昨今では日本でも多くの営業車で、会社名やマスコットキャラクターを配したものを見かけるようになりました。営業車の場合、会社の顔として街中を走行することになり、その走行範囲も広いことが良い宣伝効果を得ることに繋がります。効果的な宣伝としては、販売している製品名とURLを記載することです。

営業車の場合、本来の目的は各地にある取引先を巡ることなので長時間同じ場所に停車しておくということがありません。人目につくといっても、せいぜい信号待ちの短い時間に限られます。それ故に、ラッピングに記載する情報量は少なくしておくことが望ましいです。商品名や短いURLを見かけた人々が「あれは何だろう」と気に留めたら、それは宣伝としては大成功です。今ならインターネット検索が盛んで、子供からご高齢の方まで気になる言葉を検索されます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *