ラッピングカーで車を変えよう

営業車をラッピングするメリット

会社の営業の足となる営業車は経営を行う上で欠かせないものの一つです。

営業車は特に法律で特定の車種を指定されているわけではなく、色々なタイプの車を使用することができます。ただし、道路運送法にて事業に使用する目的で登録を行いますと通常の自家用車とは異なる色のナンバーが与えられます。税金の面でも通常の乗用車に比べ節約効果があります。営業車をラッピングすることで得られるメリットで思い付くのが広告効果ではないでしょうか。

広告として看板やチラシを設置したり作ったりしますと、大きな経費がかかってしまいます。しかし、ラッピングした営業車は社用で走ることにより車に描かれた社名が動く広告となり、一石二鳥なのです。ラッピングの種類も様々でシンプルに社名だけ、取扱品目の記載からキャッチセールスまで色々な工夫を凝らしたものもあります。色を加えることで目を引き、明るい雰囲気にする効果もあります。

メリットは広告効果だけではありません。ラッピングされた営業車は運転する社員の勤怠管理にも現れます。安全運転を心がけることは勿論ですが、サボりなどの抑止にも繋がるのです。ラッピングされた車ですと、どこで誰が自らの行動を見ているかわかりませんので緊張感をもって勤務に当たることができます。サボりの定番である車の中での居眠りも外から見れば一目瞭然です。遊戯施設や商業施設の駐車場に長く停まっていたりすると違和感もあることでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *