ラッピングカーで車を変えよう

車両のラッピングとは

車両のラッピングとは、クルマのボディに特殊なフィルムを貼ることで色や柄を自分の好みにカスタマイズすることを指します。

従来は、このような色や柄のカスタマイズをしようとすれば車両を再塗装をするしか方法がありませんでした。塗装にはもちろんそれなりのメリットもありますので、車のラッピングの全てが塗装に置き換わってしまうわけではありませんが、いろいろな点を比較すると総体的にはフィルムを貼る車両のラッピングの方にメリットが大きいと言え、最近では利用が広がってきています。

カスタマイズである以上、最も気になるのは見映えでしょう。これについては、実は職人技がしっかりしている以上は塗装の方に軍配が上がるケースも多いのですが、それだけの技を持つ熟練工は少ないですから工期の面でも費用の面でもアップしてしまう傾向にあります。一方でフィルムを貼る場合、フィルムはデジタルデータを元に特殊なプリンターでプリントアウトしますから職人的な熟練など必要とせず、それでいて塗装に迫る見映えを出すことが可能です。

コスト面でもメリットがあることが多いですし、何よりも大きなメリットはフィルムを剥がすだけで元に戻せるということでしょう。塗装した車両を元に戻すには再塗装するしかなくそこでもお金がかかるのに対し、フィルムを剥がすだけという手軽さは比較になりません。耐久性についても日常的な使用であれば例えば洗車なども全く問題ありませんし、3年から5年程度は持つとされています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *