ラッピングカーで車を変えよう

車両のラッピングについて

車両のラッピングというのは、クルマにフィルムを貼ることでボディカラーを変えることを指します。

塗装ではなく、フィルムを貼るということが大きな注目点です。塗装ですと塗装工が一つ一つ作業しなければなりません。それだけ時間もかかりますし費用もどうしても高くなる傾向にあります。単色ならばまだしも、柄を入れたり、ましてや写真のような細かいものを表現しようとなると余計に大変な作業になります。ところがラッピングの場合は、パソコン上に保管してあるデジタル写真のデータを印刷するようなものです。

紙への印刷ではなく特殊なフィルムへの印刷という違いはありますが、データさえあれば、単色のフィルムを印刷するのもビビッドな写真や図柄を印刷するのも時間的には全く変わりがありませんし、それを車両に貼るという手間も全く同じです。複数台向けに同じフィルムを何枚も印刷することも容易です。ということで、電車やバスなどでも最近とくによく見かけるようになった、一見して写真とか絵画のようにも見えるボディは、実は塗装ではなくこのラッピングによるものであることが普通です。

この技術が発達してきたからこそ、昔はほとんど見かけることのなかった人目を引く車両ボディが大きく増えてきたということもできるでしょう。もちろんこの技術の利用は企業レベルでの広告や宣伝目的が多いものの、決してそれだけに留まるものではありません。マイカーをラッピングして自分好みに自由にカスタマイズする人も増えてきています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *